アーカイブ | 9月 2015

掲示板アプリで出会った運命の彼女

僕には、アー今日も早く帰って早く抱きしめたいと思うセフレがいます。
その彼女はいつも自分の帰りを首を長くして待っていてくれます。
そんな彼女と同棲し始めたきっかけは、あるパートナー探しの掲示板アプリです。
その彼女のプロフィールにセフレになってくれる人を募集と書いてあったのです。
僕は35歳、彼女は25歳、年齢的には十分なセフレです。
また社会経験も性に関する経験も色々と豊富なので教えてあげられると思ったからです。
彼女には、僕から連絡をしてみました。
彼女と会ったのは、それから2時間後。
更にその2時間後には、もう僕の部屋で、隣で寝ていました。
早い展開に自分でも驚きでした。
何の疑いもなくついてきた彼女に、自分から誘っておきながら、説教をしたほどです。
女の子がこんなに簡単に男性を受け入れるものではない、もっと自分の身は自分で守るべきものだし、相手を疑うことを覚えた方が良いと。
おそらく彼女は掲示板アプリを使い始めて間もなかったし、社会経験や男性経験が少なかったので、分からないのでしょう。
それにしても不用心だと思いましたが、反対に、こんな子を守っていきたいという気持ちにもなったのです。
それからすぐに同棲が始まりました。
彼女には、いろいろなことを教えています。
社会について、仕事について、そしてエッチについて。
僕のいうことをどんどん吸収して、僕たちの相性はますますよくなってきています。
掲示板アプリでこんな子に出会えると思っていなかったけど、これが運命の出会いなんだろうなあと思います。
東京都、30代、男性、会社員